長男が相続を隠していたことが分割後に発覚した

比較的大きな財産が残されているといったケースでは相続人の1人がこの財産の一部を隠してしまうといったトラブルが発生することもあります。
できるだけ自分の取り分を多くするために財産の一部を隠した上で相続協議を行うことでさらに自分の取り分が多くなることから、このようなことを思いついてしまう人もいるようですが、これは法律違反となるため後で発覚した場合にも財産の一部を隠した人物は他の相続人に対して返還していかなくてはなりません。

◼︎財産の隠蔽は罪になる

上記した通り相続の一部を隠してしまうというのは法律に反することになりますから、当然ながら罪を背負うことになります。
財産の隠蔽をしてしまうと他の相続人からの申し立てによって財産を隠した当事者が相続欠格となり、その後の相続協議などにも参加することができなくなります。
当然ながら自分自身の最低限の遺留分さえ受けることができなくなり、さらには隠した部分の財産について全て公表した上で万が一でも使い込んでしまっているようなことがあれば他の相続人に対し、対価としての支払をしなければなりません。

これは自分が隠たし財産そのものはもともと被相続人が残してくれたものですから、他の相続人に対して返還していかなくてはならないといった決まりがあります。
またこのように相続人の1人が財産を隠していたことが分かった場合には、他の相続人が家庭裁判所に申し立てを行うことで手続きを進めていくことになります。

◼︎相続の欠格した後の協議の進め方について

上記のように相続人の1人が相続の欠格となる場合には家庭裁判所に申し立てを行うことになりますが、この当事者本人に子供がいる場合には、その子供が代襲相続人として遺留分をはじめとして相続を受け取ることになります。
遺産を隠してしまった本人は欠格となりますので、当然ながらびた一文でも財産を受け取ることができませんが、その子供であれば、年収相続人として財産を隠した当事者が受け取れるはずだった分与分を受け取ることができます。

そのため他の相続人がどんなに腹が立っていても、代襲相続人に対してはしっかりと相続をさせなければなりませんので覚えておきましょう。
隠してしまった張本人の欠格をするだけで終わるわけではなく子供がいるのであれば、その子供に代襲相続をさせなくてはなりません。
このようなことが起きてしまうと親族内で大きな喧嘩になったりすることもありますが、あくまでも冷静に法律上の決まりに基づいて手続きなどを進めていきましょう。
わからないことは税理士さんをはじめとして弁護士等に確認しながら進めていくとなお安心です。

特に代襲相続となる場合には代襲相続をした後の相続人等についても代襲相続人が未成年であるケースも多いため、やはり税理士さんにお願いするのが良いと言います。
代襲相続人が未成年の場合には改めて家庭裁判所に申し立てを行った上で代理人を立てなくてはなりませんので、こうした部分もしっかりと覚えておくようにしましょう。
また、相続できる財産を隠していたご本人は当然ながら前述した通り、どれだけの財産を隠したのかを明確にしなければなりませんので嘘などをいうのではなく正直に話しをする必要があります。

銀行口座の預貯金などから確認するのが難しい場合には、実際にどれだけの財産を隠してしまったのかが他の相続人にはわかりませんが、その他にも被相続人が所持していた株をはじめとして財産となるものをすべて調べてみると良いでしょう。
万が一被相続人が骨董品などを所持していたというケースでは、税理士さんに相談することである程度は税務署でも把握していますので隠された財産を把握することが出来るケースもあります。

サブコンテンツ

このページの先頭へ