相続する不動産の評価と分割方法が知りたい

残された遺産の中に建物をはじめとして土地など不動産物があるケースでは相続登記を行った上で相続のためにしっかりとこのような建物、そして土地の評価をしなければなりません。
この評価というのは税理士にお願いすると行ってくれるのですが、実は税理士さんが行っている評価額がすべてではなく、本当に詳しい専門家に評価をしてもらうことによってさらに高い価格となってくれるケースがあります。
こうした内容を知らないと税理士さんにお願いしてしまい、あくまでも毎年税理士さんに配られている「財産評価基本通達」によって評価されてしまうことになります。

もちろんこの財産評価基本通達でも間違っているわけではありませんが、やはりプロが評価するわけではありませんので、このような部分で少しでも足し建物の金額は高く評価したいと考えているのであれば専門家である鑑定士にお願いした方が良いでしょう。

◼︎不動産鑑定士は詳しい事情まで考慮する

前述した通りで税理士さんが土地や建物の価格をある程度評価する際には財産評価基本通達の相続税路線価というものを基本にしています。
そのためあくまでもそのときの土地や建物がどれだけの価格になるのかという部分での評価になるのですが、実際のところ不動産鑑定士が評価を行う際には、これだけではなく、周辺環境の中まですべて考慮した上で評価することになっています。

そのため、路線価そのものを計算する際に駅から近い場所なのかということや、周辺にどれだけの建物がありショッピングセンターなども含め生活しやすいのかということまでが含まれてきます。
また周辺の治安そのものも含まれてくるので治安が悪ければ家事が多少下がってしまうケースや、反対に治安が良ければ価値そのものが高く評価される可能性もあります。
あくまでも相続を行う際の不動産と言うのは相続税の対象になっているため評価額をまずは算出しなければならないのですが、ここで算出した評価額に対してそれぞれの相続人が分割を行うこととなります。

◼︎共同資産とする場合

例えば一つの物件や土地などを共同資産として売り払わずそのまま維持していくのであれば相続人の全てが一度相続登記を行った上でそのままで残すことができます。
今現在は特に売る事も考えておらず何かあったときのためにとっておきたいというケースでは、このように共有共同財産としておくのが良いでしょう。

◼︎売りに出したいと考えている場合

土地や建物をできるだけ早く売りたいと思っているのであれば前述の通り税理士さんや不動産鑑定士が評価した価額に応じて売ることになるのですが、売る前の段階でまずは相続登記を行わなくてはなりません。
相続登記を行って被相続人からの持ち主を変えた上で売りに出すこととなります。
また売れた物件や靴に関しては、相続人が全て合意した上で売りに出しますので、ここでの価格について相続人がそれぞれの取り分を分割することになっています。

そのため、相続人が複数いる中で、共同財産として相続登記を行った家や土地について、その人の1人だけや自分の受け取った土地や家を売ってしまうようなことはできません。
あくまでも一つの土地や家として考慮してからはならないので覚えておきましょう。
また、土地そのものが複数あり一つの土地ではなく例えば、それぞれの相続人がそれぞれ別の土地を相続するのであれば自分が相続した土地を売りに出すことはできます。

この場合には、全く住所なども違っている土地ということになりますから、基本的に住所等も同じ土地や家というのは1人の独断で売ることはできませんので覚えておきましょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ